佐藤一也くんのダイニング・バーが,
立川駅南口にOPEN!

(ロゴ,借りちゃいました。)
開店祝いに,みんなで押しかけちゃいました。
(July, 25, 2008)

「海辺」をコンセプトにしたカウンターと一也店長
 同期の佐藤一也くんが,2008年6月,立川駅南口に,"BYRON KITCHEN"という自分のダイニング・バーを開店しました。そこで早速,有希の一時帰国祝いも兼ね,7月25日にみんなで押しかけてみました。


 10年ほど前の3クラス同窓会で,「将来の夢は,自分の居酒屋を持つことです」と語っていたような気がする一也くん。見事,その夢を実現させました。


 お店のコンセプトは,「海辺」。店名の"BYRON"というのは,一也くんが以前サーフィンのために住んでいたオーストラリア最東端の町"BYRON BAY"に由来するもの。一也くんのお友だちが中心となって,店舗設計や内装,メニューの作成などをしてくれたそうです。(『立川経済新聞』のヘッドラインニュースより。)素晴らしい友人に恵まれて,よかったですね!


 メニューも,大変工夫を凝らしていましたよ。たとえば,アジアン・テイストの生春巻に,蒸し鶏とザーサイのネギ和え桜エビとレンコンのトルティーヤPIZZAなど,各国・各地方の特色を織り交ぜた創作料理がたくさん。「どこで,こんなに料理を学んだの?」と聞きたくなるほど,絶品でした。


 ついつい食べることになってしまい,お料理の写真を取り忘れてしまいました。お店のWebサイトに,主なメニューの画像が出ていますので,そちらで彩りを堪能してください。ちなみに,いまなら,そのサイトに,お店のクーポンがついていますよ!


 さてさて,この情報を聞きつけたのは,一也と並ぶ「立川っ子」(しばしの間,NYっ子)の有希。お店のことを耳にすると,もう飲みたくて,食べたくて,語りたくて,仕方がないらしく,自らの一時帰国祝いという名目のもと,同期のみんなに集合をかけてくれました。


 当日は,金曜日の夜という時間帯にもかかわらず,いつも以上の人数が,開店祝いにかけつけました。「おひさしぶり」だったのは,万起子ちゃんと根岸くん。万起子ちゃんは,4歳の愛娘さんを連れての登場(ママに「ちゃん」付けは,失礼でしたね。ゴメン!)「あなたの小学校時代を見ているようで,懐かしいわ〜」とは,あとから来る人,来る人のコメント。幼稚園で習ったという歌を,酔っぱらい相手に披露してくれました。


 「気分は,いつでも高校生!」という根岸くんも,いまでは立派なお父さん。自称「国立学園ツウ」のはずですが,久しぶりに同期会に参加したことで,みんなの近況報告を聞くたびに,ブランクを埋めるのに必死!「え〜,アイツとアイツ,結婚していたの〜?」――出てくる言葉は,ため息と絶叫ばかりでした。


 根岸くんは,たまたま,検索サイトで,「国立学園 58期」というフレーズでサーチして,このWebサイトにたどり着いたそうです。そして,リンク先の有希のブログに,カキコミをして,連絡がとれたとのことでした。Webのおかげで,同期の輪が再び広がり始めたのは,うれしいことですね。


 このサイトでは,アクセス分析を行っていますが,たま〜に,そのようなフレーズで訪問してくれている跡がうかがえます。直接会えるか,どうかは,時の運しだいですが,このサイバー・スペースが,58期生の近況を伝えるポータル・サイトとして,役目を果たせれば幸いです。


 それと,30歳代も半ばを迎えると,楽しいこと,うれしいこともある反面,仕事のこと,家庭のことで,大変なこと,悩みも抱えているようですね。今回も,個人ベースで,いろんな話を聞かせてもらいました。もし,一人で不安を抱えちゃっているときは,みんなで集まったときに,それをはき出しちゃいましょう。解決策にはなるか,わかりませんが,少しは,気分が楽になったり,気持ちをわかちあえるようになると思います。先生も,参加してくれますからね!


 次回の「おひさしぶり」さんは,これを読んでいるあなたかもしれませんよ。お待ちしております。
【メンバー紹介】
後列左より…有希,みやなが,雨宮先生,大島先生,万起子&お嬢さん,ネギ,シモ
前列左より…ゆうか,さわ,けいすけ,あわすけ
ウクレレとサーフ・ボードが,「海辺」らしさを物語っていますね。
【メンバーが途中で替わりました】
後列左より…わっちん&奥さん,さわこ,おーもん,ゆき,ネギ,あわすけ
前列左より…シモ,さわ
なぜか身を乗り出している人…みやなが