2004年1月31日 @立川中華街

ノンビンテージのシャンパンを手に
 一昨年度で学園を退職なさった紺野先生。本当に長い間の教職生活,お疲れさまでした。遅ればせながら,2004年1月,紺野先生の長年の労をねぎらい,立川中華街にて先生を囲む会を催しました。

 紺野先生は,最近のお子さんがたにとっては,幼稚園の園長先生・教頭先生というイメージをお持ちかもしれませんが,我々の世代にとっては,なんといっても「6年生の先生」あるいは「理科の先生」という存在感をお持ちでした。

 言うまでもなく58期のときには,6年松組の担任をお引き受け下さったのですが,この1年間というのは,中学受験を控えながら,学校行事への取り組み,人間関係,将来に対する不安感など,これまでの5年間とは一味異なる,さまざまな重責と喜怒哀楽を共有する多感な時期に直面しておりました。そのような状況のもとで,いま思えば,まさに先生は心の支えであり,「おフクロさん」だったのかもしれませんね。この日も,ひとりずつ,「仕事が…」,「家族が…」,「子どもが…」と,ついつい相談してしまう一幕も。
 今回,駆けつけたのは,みお,さわこ,ゆき,おーもん,みやなが,しもくんと私の計7名。本当は,もっと大勢で恩返しをしたかったのですが,当日先約が入ってしまった人,東京まで来られなかった人などから,先生へたくさんのメッセージを寄せてくれました。どうも,ありがとう!

 全くの偶然なんですが,この日集まった8人の血液型は,なんとA型。(ちなみに,夜の2次会から合流したグループも,また全員A型。)というわけで,まことに勝手ながら,一日限りの「A型の会」とさせて頂きました。次回からは,B型,O型,AB型のかた,首を長くしてお待ちしております!

 そういえば,「音楽の時間に『血液型の歌』を習ったよね」という話が…。ちなみに歌詞の中で,A型の人は「努力型」だったんですが,このメンバーを見ると,う〜むどうも…。ちなみに,B型,O型,AB型の人はどんなタイプだったと歌われていたか,覚えていますか?

 血液型はともかくとして,先生,どうぞ血圧にはお気をつけて,これからもお元気でお過ごしください。
【とある保護者からのメッセージ】
 紺野先生と一緒の写真を拝見させていただきました。
 先生はちっとも以前とお変わりにならなくて、いやいや大分お痩せになったのではないかしら、お若くておきれいですね。
 私は,6年生で受け持っていただく前に、運動会でお見かけしたとき,後ろから見た先生のトレーニング姿がどうしても忘れられないのです。とっても大きい先生というイメージでしたが、こうして写真拝見すると、全然普通サイズですね。
 どうぞよろしくお伝えください。
このページの画像は,すべて志茂くんから頂いたものです。